読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日、就活の仕組みが変わった。就活の新卒一括採用終了の話。

こんばんは!

 

今を生きる自分の年代を含めた全ての学生さんに知ってほしいニュースがあります。

 

今の就活システムを作った「リクルート」自らの手によって、日本の新卒一括採用が終わりを告げました。

 

https://goo.gl/vzuUMk 

 

 

 

 詳細はこちらです。

 

1番大きい変更は、「いつエントリーしてもよくなったこと」です。 

365日、通年エントリーを可能にし、27歳まで新卒。3年生3月以降から27歳までみんな新卒扱いとなります。

 

今までは4年生の4月を逃したら、新卒でその会社に入るチャンスは一生失われたそうですが、この制度で「27歳までは、卒業してなくても、ニートでもフリーターでも新卒扱いになれる」という流れになりました。

 

そして、それ以外の大きな変更点が、

「内定が入ってもすぐに入らなくてOK。

 2年間有効の入社パスがもらえる」としたものです。

 

内定をもらったら、留学、ワーホリ、起業、世界一周、大学院進学など、2年間無限にチャレンジできるということですね。入社はいつでもいいという体制です。

 

これを聞いただけでリクルートに就職しようかと思ってしまうほど画期的な取り組みだと思います。この前衛的な考え方にすごく共感します。

 

他にも長期インターンの受け入れ、1.2年生向けの多くの取り組みが行われるそうです。

 

今の就活システムを作ったリクルート自らが、この改革を行なったということで、日本を変えようという意識が見えるようにも感じます。

 

今はおそらくリクルートだけなのかもしれませんが、今後多くの企業で取り入れられるかが重要な課題となってきますね。

 

終身雇用、年功賃金、企業別労働組合三種の神器がどう変わっていくのか楽しみですね。

 

個人的には終身雇用と年功賃金が終わり、個人の本能的なキャリア開発ができるような時代になってほしいと思います。

 

(好きな分野なので熱く語ってしまいました…。)

 

いずれにしても、時間を重く考えずに、多くのことにチャレンジできる制度が作られていくことはとてもいいことだと思うので、どんどんこの制度が波及していってほしいと僕は思います。

 

やりたいことや叶えたい夢に挑戦できる期間を伸ばせる風土づくりを日本全体で行なっていけたら、最高な国になると思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。