読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターンの面接を受けてみて感じたこと

こんにちは☺︎

ウエディングと新事業の展開を考えていて、自由に休みが取れて、健康食にも気を使っている会社のインターンの面接を受けてきました。

自分の中で、これからの人生を迷っているところで、面接はいかないべきだと思っていましたが、行って学びがあったので良かったです。

当たり前のことですが、

『学生のニーズと企業のニーズがマッチしないと、インターンは成立しない』と言われて、その通りだなと感じました。

自分がDoとして作る側に立つのか、Beとして環境に染まる側にいるのかの考え方の違いで、インターンとして必要とされるのかが変わるという話もされました。

特に自分は弾き語りのピアニスト、ピアノ教室の先生としてやっていきたいという夢に、ここの会社が関係があるのかもいうことを考えた時に、必要がないのだと感じました。

きてもらったからには何か持って帰ってもらいたいというご好意で、何社受けたのかとオススメの本を教えてもらいました。

 

そこで感じたこととして、多くの企業は自分には不足しているところがあるとして、成長させようとする。

でもこの会社は、いまあるものを受け入れて、その中から作り出そうとする。

そこの発想を持っている企業は本当に少ないんだという話を聞きました。

大学の勉強でも労働経済学という分野をやっているからこそ、労働者の可能性を容認してあげることの大事さを感じました。

それと、オススメの本を聞いたら、
アドラーの『嫌われる勇気』と言っていました。

よく聞く本なので、今度読んでみようかなと思います。

自分と違う価値観の人に、無理やり自分の価値観を押し付けてはいけないし、考え方は十人十色だからこそ、人に嫌われることを恐れずに、自分らしさを忘れずに進むことが大切だと思います。

自分の夢を忘れず、目の前の人に今日もGiveできるように頑張っていきます。

今日もお読みいただきありがとうございました!f:id:freeakilife:20170213143908j:image